読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレッチポールに対する考え方②

前回は、ストレッチポールの

臨床応用についての考え方を

自分なりに書かせて頂きました。

 

st0110.hatenablog.com

 

今回は、文献的な見解と

自分の臨床経験を合わせて

具体的な効果について書きたいと思います。

ただ「効果を覚える」ような暗記にはしたくないので、

なぜその効果が得られるのか

考えながら書いていきます。

 

リラクゼーション効果

ストレッチポールを用いると

リラクゼーション効果が得られるのは

何となくイメージが湧くと思います。

 

リラクゼーションとは

心身ともに緊張した状態から弛緩した状態に導く技法のことです。

緩み・弛緩・緩和・軽減などを意味しており、心理学的にはストレスや不安・緊張に相対した言葉として使われる。心拍変数、収縮期・拡張期血圧、呼吸数、脳波などの生理的指標や、筋緊張などの運動機能の指標が効果を判定するものとして用いられています。

 

リラックス効果=副交感神経活動の促進効果と捉えられています。

 

筋肉に関しては、ストレッチがかかることで

リラクゼーション効果が得られることや、

ハイパーであった腰椎がフラットになることで

表層筋が緩みリラクゼーション効果が得られるなど

様々なパターンがあると思います。

 

また

自律神経などの面から考えると、

下部胸郭が広がり、

横隔膜の可動性が向上し

深い呼吸となることで

より副交感神経の活動が高まり

リラクゼーション効果が高まるのかと考えてます。

 

脊柱のアライメント修正効果

ストレッチポールは

胸椎の伸展や骨盤の後傾作用などの

効果があると言われています。

 

しかし

ストレッチポールに乗っただけでは

抗重力姿勢での胸椎アライメントに

優位な変化が認めないという報告があります。

何が正しいかは正直分かりませんが、

脊柱のアライメントを正中化する作用はあると思ってます。

ストレッチポールでの

ベーシックセブンを行った後に

ASLRなどのエクササイズを行うことで、

抗重力姿勢にも対応出来る腰部骨盤帯の

安定性が得られるとも言われており、

個人的にはこの考え方がしっくりきます。

結局

背臥位でアライメント修正ができても、

それを支えられる機能がないと意味がないと感じます。

腹筋群(腹横筋・腹斜筋)のエクササイズ効果

ストレッチポール上のエクササイズにより

腹横筋厚が優位に増加したとの報告があります。

しかし

その条件としては

上肢運動や体幹回旋負荷を与えたものであるとのことです。

特に上肢支持なしでの姿勢保持では

支持基底面が狭くなり

回旋要素が大きくなるため

内外腹斜筋の活動が高まると言われています。

姿勢制御として上肢を使用せず

骨盤や下部胸郭で制御する環境下に置くことで

自然と腹横筋や腹斜筋が

活動してくるのでしょう。

あとは

下部胸郭が広がるため

横隔膜の広がりも増えることで

core unitが活動しやすくなるのかと考えています。

 

効果としてはまだありますので

まとまり次第更新していきます。

 

ストレッチポールに対する考え方①

ストレッチポールを臨床でよく用いて

運動療法を組み立てることが多いです。

一応ベーシックセブンを受けたり、

自分自身の身体メンテナンスの中で

使ったりはしているので、

メリットや効果はある程度

理解しているつもりですが、

知識としては不十分な点が多く、

臨床応用の仕方は模索中です。

 

そこで、現時点での

ストレッチポールに対する

自分の考えを書いていきます。

 

ストレッチポールの効果とは 

ストレッチポールの効果としては

・リラクセーション

・身体状況(左右差)の自己認識

インナーマッスルの活性化

・支持基底面からの重心認知

・静的姿勢アライメントの改善

などなど、効果が知られています。

 

具体的には、

・四肢の重さによる身体前面(大胸筋や小胸筋など)の筋肉の伸張

・胸椎の伸展

・上腕骨頭の下方への牽引

・胸郭・肩甲骨リアライメント、周囲筋リラクゼーション

・臀部では骨盤後傾周囲靱帯の緩み大腿骨頭の下方への牽引、股関節周囲のリラクゼーション

・腹横筋・腹斜筋群の筋厚の増加

・静的閉眼立位バランス機能の向上

 

などなどあるそうです。

 

最近では健常者だけでなく片麻痺に対する研究も多いです。

 

色々な効果があるとは思いますが、

 

自分の中で大切にしていることは

 

「何を目的に利用しているか」

 

です。

 

まず、ストレッチポール上に寝るのと、

背臥位で寝るのとはどう違うのか。

 

背臥位と比較すると、支持基底面の違いがあります。

 

ストレッチポール上では、脊柱を前腕・足底

くらいしか支持基底面がありません。

 

さらに、円形の形状をしています。

そのため、基本的には「不安定」であると捉えています。

 

乗ったすぐは誰でもグラグラすると思います。

そしてしばらくするとグラグラが落ち着いてきます。

なかなか落ち着かない人もいます。

 

安定のさせ方も人それぞれです。

例えば

・骨盤や下部胸郭を細かく動かして安定を作ろうとする

・足底で押したりしながら安定を作ろうとする

・前腕や肩甲帯を使いながら安定を作ろうとする

・なかなか安定しない

などなど

 

色々なパターンがあると思っています。

 

なので

「使えば効果が出る」

のではなく

その人に、どういう目的で利用しているのか

その目的で利用した時に、どういう反応が見られたか

が非常に大切なのではないかと思っています。

 

何を目的に利用するのか?

健常者に対しては

インナーマッスルの活性化や姿勢アライメントの改善

リラクゼーションとして用いることが多いかと思います。

インナーマッスルを活性化させたいなら

「安定」ではなくある程度の「不安定」

を作らなければいけない。

床を前腕支持していれば安定しているけど

離すとグラグラするのであれば

その人の不安定はそこにあるし、

その不安定も上肢をお腹の上に置くのか

挙上させておくのか

などによって難易度が変わるし

 

逆に片麻痺などで

リラクゼーションや過緊張の抑制

左右の認識を目的に利用しているのに

乗っているだけで精一杯だと逆効果だし

多分そういう人にはまずはある程度の

「安定」を与える必要がある

 

もちろんあえてわずかな不安定を与えて

自己修正や正中を意識してもらうのも大切だと思うし

 

とにかく

どういう人に対して

どういう目的で利用するのかが

大事かなと思ってます。

 

そして

常に反応を見る必要があると思います。

脊椎圧迫骨折に対する腰背部のリラクセーション

 

臨床でよく脊椎圧迫骨折患者に、

”腰背部のリラクセーション”を施行している場面を見かけます。

”痛がっているからとりあえず”と考えている人も多いのではないでしょうか?

今回はその意義についてまとめます。

 

 

圧迫骨折後の腰背部痛

脊椎圧迫骨折後の脊椎後弯変形に伴い、腰背部痛を訴える症例は多く見られます。

腰背部痛の原因は様々ですが、多くの症例が

筋スパズムが原因と言われています。

※筋スパズム

筋の過緊張により、筋肉にうっ血し、発痛物質物質が溜まった状態のこと。

臨床的には、筋の起始と停止を近づけた肢位でも圧痛所見が取れる。

 なぜ筋スパズムが生じるのか?

腰部多裂筋は生理的前弯位の時に最も活動が高く、

後弯位になると最も活動が低下すると言われています。

つまり、脊椎圧迫骨折後に脊柱後弯変形を伴った症例の場合、

多裂筋の筋活動は低下し深部筋−筋膜コルセットの作用が

低下していることが考えられます。

その際に、腰椎と骨盤を安定させるために腰最長筋や腸肋筋などの

gloval muscleが代償で強く働き、腰背部のgloval muscleに大きな負担がかかります。

この状態が慢性化すると、過緊張状態となり筋スパズムを引き起こします。

 

疼痛緩和にリラクセーションは有効?

”痛みの緩和”目的にて筋スパズムを緩める

リラクセーションを行うことがありますが、

必ずしもそれが有効であるとは限りません。

例えば、上記のように、多裂筋がほとんど活動しないことにより

gloval muscleが過緊張状態が出現している場合を考えてみましょう。

椎体全面に重心がある胸郭を後方から支えているのは、

gloval muscleということになります。

この腰最長筋や腸肋筋などのgloval muscleを緩めてしまうと、

胸郭を支える筋がなくなってしまい、より症状が悪化してしまうことも考えられます。

そのため、腰背部のリラクセーションを行う場合には適切な評価が必要です。

脊椎圧迫骨折だけに限らず、”硬いから緩める”など、

安易な考えで治療を行うことはとてもリスクがあることを

知っておかなければいけませんね。

 

※参考文献

運動器疾患の「なぜ?」がわかる 臨床解剖学

編者 工藤慎太郎 医学書院

理学療法士の”予防”活動

なぜ”予防”が必要?

現代社会は、少子高齢化社会に伴う医療費の増大や労働人口の減少など

様々な問題を抱えています。

こういった現状に対して、”予防”的な介入の重要性が認識されてきています。

例えば、

高齢者が転倒して骨折をした場合、手術費や入院費などを

医療保険から捻出しようとすると、一人当たりかなりの額になってしまいます。

これを転倒”予防”という形で先行投資して

転倒する高齢者の数を減らすことができれば、

結果的に医療費の増大は抑えることができます。

”病気になってからではなく、いかに病気にならないか”

を考えていくことが重要な時代です

 

 

 様々な”予防”の取り組み 

学校保健分野での予防

児童・生徒や教職員を対象に健康教育・管理と疾病・障害予防を中心に活動しています。具体的には、乳幼児からの発達と成長、骨・筋の役割と成長、座位・立位姿勢について学校で講義するなどの取り組みが行われています。

 

 労働者の健康管理(産業保健)

労働者の健康増進に向けて、腰痛・肩こり予防や体力低下予防などに対して理学療法士が介入しています。腰痛予防では、様々な実践介入研究からバイオメカニクス的評価を用いた研究まで数多くの報告を基に指導しています。

 

女性の健康増進(ウィメンズ・ヘルス)

周産期における種々のマイナートラブルと尿失禁・更年期障害に代表される抑うつに対する理学療法が注目されています。骨盤底筋群の強化や運動習慣の定着化、メンタルヘルスについて理学療法により支援することができると考えられています。

 

他にも、

・中高年などを対象にした生活習慣病に対する運動指導

精神疾患メンタルヘルスへの運動指導

・ウィメンズヘルスと呼ばれる女性への健康増進

・ウォーキングロードや運動しやすい街づくりなどの

 行政における取り組み

 

など、様々な分野で理学療法士としての”予防”の活動が取り入れられています。

 

理学療法士の可能性

病院やクリニックでの勤務だけではなく、理学療法士は様々な働き方があると思います。「理学療法士は飽和状態」と言われていますが、むしろ必要な時代になってきているではないでしょうか?

 

※参考文献

理学療法ジャーナル

2016年04月号 (通常号) ( Vol.50 No.4)

特集 理学療法からみた「予防」の取り組みと効果

機能的動作に対するトレーニング課題

今回は、「機能的動作に対するトレーニング課題」についてです。

各機能的動作の自立度を高めるためには、どのような課題を用いてトレーニングすべきかを考慮する必要性があります。
(※潮見泰蔵 脳卒中患者に対する課題指向型トレーニング p123~141参照)
日常生活で必要とされる「歩行」動作について、教科書の情報を一部参考にさせていただき、まとめていきたいと思います。

歩行条件

平行棒内・屋内・屋外
②歩行補助具の使用
③補装具の使用

この条件はしっかりと考慮する必要があります。
屋内での生活をメインとされている患者様に、靴歩行ばかりでなく靴下・裸足での歩行を行っていく必要があります。T-cane歩行獲得できても、家で伝い歩きをするのであれば、条件を変えて介入する必要がありそうです。
大事なことは
その歩行条件を選択する目的

かと思います。



トレーニング課題


①異なる速度(早く、普通に、ゆっくり)で歩く
②歩行中に急に静止し、また歩き出す
③歩行中に急に呼び止め、その方向に振り返る
④障害物を避ける、跨ぐ、くぐる
⑤急に目の前を人が横切る
⑥柔らかな床材の上を歩く
⑦荷物を片手もしくは肩から提げて歩く
⑧人の住来の激しい場所を歩く
⑨直線状を歩く、ジグザグ(スラローム)歩行
⑩不整地に置かれた砂嚢の上を踏むながら歩く
⑪ボールを蹴りながら歩く、相手とパスしながら歩く
⑫屋外を歩行する(不整地、斜面、坂道、人ごみ)

歩行訓練のトレーニング課題だけでも、これだけ挙げられます。
ちなみに上記以外に個人個人に合わせた必要な課題を提供する必要があります。

私がよく必要だと考える歩行課題として、

「暗い環境の中での歩行」です。

リハビリ室や臨床中での評価は難しい課題ですが、
自宅退院までに介入しておきたい課題かと考えられます。


ADLへの応用例

・インターホンのある場所まで、できるだけ早く椅子から立ち上がり歩きだす
・買い物に行って荷物を持ち帰る
・エスカレーターに乗る、降りる

他にも
「食器を持ちながら歩く」「起き上がった直後に歩く」等、様々なADL動作へ応用があります。


日常の実生活で行われる諸動作を想定し、リハビリ室で実施可能であるのであれば、患者様の自立度向上のため課題を検討していくことがかなり大事であると、改めて感じます。

筋力トレーニングの分類

筋力トレーニングは、
最大筋力法
最大反復法
スピード・筋力法
反動法
の4つに分類される。
(村木征人:専門的筋力トレーニングと実践的応用.体育の科学39:292-299,1989)


最大筋力法


【方法】最大・または最大に近い負荷(90~100MVC)に対して最大努力で筋力トレーニングを行う方法。
【効果】筋肥大をもたらすよりも、主として神経系の適応による筋力の増加と爆発的筋力の顕著な改善(最大筋力を発揮するまでの時間の短縮)が最大筋力の増加をもたらす。
つまり...大脳の覚醒水準を限りなく高め、筋発揮に参加する筋繊維を100%近くまで高める!と言うことである。どんなに筋断面積が大きくても、脳の覚醒が低ければ大きな力を発揮することができないことをイメージすれば、理解しやすい。
【適応】ベッド上臥床による廃用症候群や加齢などによって大脳の覚醒水準が低下している人に対し、活動に参加する運動単位数の増加、発火頻度の増加、運動単位の同期化の増加を目的とする場合に適応となる。


最大反復法


【方法】最大下の負荷(60~70MVC)を用いて筋疲労の限界まで反復するトレーニング方法。セット間の休息を短く(約30秒)にして疲労困憊まで実施する。
【効果】筋肥大による筋力増強が期待できる。しかし、中枢神経系による神経学要因の筋力低下や爆発的筋力の改善への効果は少ない。一般的なボディビル選手が実施している。
【適応】筋萎縮のみが原因で筋力低下が起こっている場合。固有筋力(神経学的要因を主とするもの)の低下が起こっていない場合に適応となる。


スピード・筋力法(動的筋力法)


【方法】比較的軽い負荷(50%MVC)に対して最大努力で弾性的に少数回行う方法。運動と実施条件は競技的な専門種目とできるだけ一致する運動様式のもので行う。
【効果】神経系の要因を改善するとともに、主動筋と拮抗筋による収縮と弛緩の協調性、中枢から末端への運動連鎖など、スピードが出せる動きの習得が可能。
【適応】目的する動作に類似した速度やそれ以上の速度の筋力発揮の機能的改善を目的とする場合に適応となる。


反動(衝撃)法(プライオメトリックス)


【方法】筋の伸張-短縮サイクルsyretch shortening cycle(SSC)のトレーニングとして行われる方法。(SSC:強くかつ速く伸張された筋がその弾性エネルギーと筋内の受容器である筋紡錘の伸張反射作用により、直後に強くかつ速く短縮される機能)
【効果】神経系の要因、生化学的な余剰効果、弾性エネルギーの効果、伸張反射の効果、筋と腱連合体の強化を促進するとともに、ジャンプやフットワークなどに内在する動きを習得し、弾性筋力を高めることが主なねらいになる。
【適応】高強度の負荷がかかるため、アスリートや若年者等、ジャンプやフットワークなどの内在する動きの習得を目的とする場合に適応となる。

他の文献によれば「負荷軽減法」などもあるとのこと。

単に「筋力増強訓練」と一言でまとめられることが多いが、

クライアントに合わせて内容を考える必要があると改めて感じます。

踵接地が必要な理由

なぜ踵接地を作った方がいいのか?

「踵接地」がなぜ必要なのか?なんとなく分かってはいるけど、その必要性について改めて考えてみました。

『踵接地の役割』

理由①ヒールロッカー機能の役割を果たすため

理由②踵接地時に歩行適応におけるエラー抽出が行われるため

理由③踵接地時に大臀筋の筋活動が得られやすくなるため 

 

まずヒールロッカー機能について説明します。

ヒールロッカーとは?

 なぜヒールロッカーが必要か?

まず、歩行中の重心位置の軌跡を確認してみましょう。二足歩行であるヒトは、重心の上下動を繰り返し、位置エネルギーと運動エネルギーを相互に変化させて効率的な歩行を繰り返しています。一般的に歩行中の重心移動を支状面から見た場合、約2cmの振幅で上下動を行っていると言われております。

 

踵接地時は、重心が最高点から一気に最下点まで落下してくることになります。上下動が2cmであるため、2cmの重心落下ということになりますが、この際に身体(骨、関節、内臓、脳)に大きな衝撃がかかります。その衝撃を吸収するため、heel rockerによる踵接地が必要となるのです。

 

なぜ踵接地で衝撃吸収ができるのか?

踵接地時、前脛骨筋・大腿四頭筋ハムストリングス・脊柱起立筋など、この時期に活動するほとんどの筋が遠心性収縮を行い衝撃吸収に動員されると言われています。そのため、踵接地時に生じる衝撃を体重の1.2倍程度まで抑えることができるのです。

 

どうやって回転運動を起こしているのか?

ただ、踵接地時に上記のような筋群が同時に収縮を起こしたら、身体は前方に回転できず、踵接地のたびに一旦動作が静止し効率の悪い歩行になってしまいます。

 ではどのようにして回転運動を起こし身体を前方に移動しているのでしょうか?

そこには「踵の形状」が重要となっています。踵接地は関節面での接地ではないので、踵の形状を使って前方回転を起こしているのです。